自律神経失調症

 

自律神経失調症には兆候があります。

まずはあなたが自律神経失調症にかかっているかどうかチェックしてみてください。

 

 

0~1個 正常

自律神経に狂いはなさそうです。チェックが付いた項目が2週間以上続かなければ大丈夫です。自律神経失調症の問題はないでしょう。
 

2~3個 注意

自律神経に負担が掛っている生活を送っている疑いがあります。
おそらく自律神経失調症になりやすい状態でしょう。
 

4~6個 要注意

要注意です。自律神経失調症になっている可能性があります。
専門家に相談するのもいいかもしれません
 

7個以上 要相談

すぐに休養を取って、できるだけ早く専門家に相談してください。
自律神経失調症が悪化すると、うつ症状に繋がる可能性もあります。

下記は自律神経失調症のチェックリストです。「イエス」の数をご確認ください。

眩暈や耳鳴りのすることが多い。
また、立ちくらみを良く起こす。
 
    2 胸が締め付けられる感じがする。
または、胸(心)がザワザワする感じが時々ある。
 
心臓がいきなり早くなったり、脈拍が飛ぶようなことがある。  
息苦しくなるときがある。   
夏でも手足が冷えるときがある。  
胃の調子が悪いときがある。
(お腹がすかない・胸やけ・膨満感・胃が重いなど)
 
よく下痢や便秘をする。または、これを繰り返す。  
肩コリや腰痛がなかなか治らない。  
手足がだるいときが多い。  
10 顔だけ汗をかく。または手足だけ汗をかく。  
11 朝起きるときに疲労を感じる。  
12 気候の変化に弱い。  
13 やけに眩しく感じるときがある。  
14 寝ても寝ても寝足りない。または不眠症だ。  
15 夢をよく見る。
(怖い夢や戦う夢をよく見る。うなされる。金縛りになる場合は注意。)
 
16 風邪でもないのに咳がよく出る。
(特に首に触ったときや、冷たい空気を吸ったときなど。)
 
17 飲み辛いときがある。ノドに違和感がある。呂律が回らないときがある。  
  チェックの多かった人ほど自律神経が乱れており、自律神経失調症の可能性が高くなります。
また、この他にも自律神経失調症の症状はたくさんあります。
このリストは目安としてお考えください。
 

当院の「自律身体療法」は自律神経失調症の症状に対して施術を行います。骨盤や背中など全身を整え、呼吸・内臓・頭蓋骨・顎関節を調整します。